ブランドストーリー

Tiger Swiss-Production

 Tiger Swissは伝統的な製造方法が受け継がれています。
 Tiger Swissの工場は、創業以来スイスのディーセンホーフェンと言う町にありましたが、1980年代からはポーランドに工場を移転しました。 
工場では創業当時と同じように熟練した従業員により、精巧な手作業でTiger Swissの靴が製造されています。

従業員は全員15年以上(中には30年以上)働き続けています。
 オリジナルタイガーリ(ポンポンが付いた靴の名称)は、20を超える工程が必要です。 
この靴はすべて「Schnürlizwick」と呼ばれる、通常登山靴などの機能性に適用される高度な技術を駆使して製造されています。これにより靴の最高の品質が保たれ、長年の使用に耐えられる耐久性を兼ね備えているのです。

また、Tiger Swissの靴は天然素材を使用し、とても通気性があり、1年を通して愛用していただくことが出来ます。さらに、履き心地を考慮されて製造されています。
靴の甲の部分は イタリア製のTiger Swissオリジナルの虎柄生地をオーストリアで最終加工しています。靴底は牛革製(踵部はラバー)、つま先のアクセントは牛革スエード製、飾りのボンボンはポリエステル製で、スイスで作られています。

さらに踵の内側は、強化用の処理加工が施されています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です