ハイジ:スイス神話の舞台裏

ハイジ

ハイジは最も有名なスイスの子供です。ハイジは、人生を愛し、自立し、自由への渇望をもって、何世代にもわたって読者を魅了してきました。この小説は70の言語に翻訳され、15以上の映画化のきっかけとなりました。私たちは皆、「ハイジ」を知っています。しかし、「ハイジ」が世界的に有名になった背景には、日本の存在があったことをご存知でしょうか。また、ハイジの運命は、19世紀のスイス移民の物語と重なることも。そのほかにも、あなたが知らないことがたくさんあります。

『ハイジ』は、孤児となったスイスの少女が、アルプスの楽園で幸せをつかみ、その温かい心と高い倫理観で周囲の人々を感動させる物語です。1880年に出版された第1巻は、スイスやドイツの読者の間ですぐにヒットしました。1880年に出版された第1巻は、スイスやドイツの読者を中心に大ヒットし、1年後には第2巻が出版され、その後、フランス語や英語など多くの言語に翻訳されました。1920年には日本語に翻訳され、日本での「ハイジ」信仰の始まりとなりました。さらに1974年にはアニメが制作され、世界中の子供たちにハイジが紹介されました。1880年以降に出版された無数の映画化作品や連載小説は、プロットの自由度が様々です。しかし、「ハイジ」は、19世紀のスイスの生活を反映した物語として、世界中で知られているスイスの象徴的なキャラクターです。

多くのスイス移民の物語

この小説は悲しい出来事から始まります。叔母のデテは、5歳のハイジをグラウビュンデン州のマイエンフェルト村にある山の牧草地でひっそりと暮らす父方の祖父のもとへ連れて行きます。デテは孤児の娘を不機嫌な老人に預け、ドイツでメイドの仕事をするために急いで旅立ちます。当時、多くのスイス人労働者や農民がそうであったように、叔母も生活のために移住してきたのです。19世紀のスイスでは、貧困、飢餓、非人道的な工場環境が蔓延していました。さらに、ヨーロッパで発生した疫病により、多くのスイス人農家が収穫したジャガイモは破壊されました。1850年から1888年の間に約33万人のスイス人が移住し、そのほとんどがアメリカに向かいました。

ハイジは父親を工事現場で亡くし、母親も悲しみのあまりなくなって以来、孤児となりました。父方の祖父は、スイス・ドイツ語で「アルプスのおじさん」を意味する「アルプ・オヒ」と呼ばれていて、最初は新しい家族を歓迎しませんでした。しかし、ハイジは、その活発さ、温厚な性格、自然への興味で、すぐに祖父を納得させました。

厳かな山の生活と都会的な移民の日常との対比は、デテおばさんが山の牧草地に戻り、ハイジをフランクフルトに連れて行ったときに、読者に知らされます。ドイツの上流階級の邸宅に引きこもっていたハイジは病気になります。19世紀の多くの移民とは異なり、ハイジの亡命は終わりを告げます。ハイジがホームシックにかかっていることを知った一家の医師クラッセン博士は、ハイジをアルプスの家に帰すよう主張しました。

国際的なキャリア

マーク・トウェインの『トム・ソーヤー』やルイス・キャロルの『アリス』などと同様に、『ハイジ』も19世紀に登場した児童文学の一つです。『ハイジ』の物語は、さまざまな翻訳や翻案の中で、次第に変化してきました。ボドメル財団の副理事であるニコラ・デュシメール氏は、スイスのラジオ・テレビRTSのインタビューに答えて、「翻訳者の中には、物語を和らげるために原文を粗末にする人もいる」と指摘した上で、「英語だけでも13種類ほどの翻訳がある」と述べました。

『ハイジ』の原作は、多くの映画プロデューサーに影響を与えてきました。「ハイジ」が初めて映画に登場したのは、1920年にアメリカで公開された無声映画でした。1937年に公開されたアラン・ドワン監督のハリウッド映画は、子役のシャーリー・テンプルがハイジ役を演じ、スピリの小説を初めて映画化した作品です。このゆるやかな映画化は興行的にもヒットし、すぐにヨーロッパの映画館にも届きました。この映画は、すべてアメリカで撮影されましたが、スイスはアルプスの楽園というアメリカ人のイメージを強めることになりました。

日本では、1937年のハリウッド映画の前から「ハイジ」の人気は高くなりました。スイスの作家、ジャン・ミッシェル・ウィスマーによると、小説が初めて日本語に翻訳されたのは1920年ですが、「ハイジ」への「真の情熱」の始まりとなったのは、その5年後に行われた文芸化でした。登場人物全員に日本名をつけるなど、日本の読者に合わせた翻案でした。その後、日本では30冊以上の『ハイジ』が出版されました。

「ハイジ」の国際的な成功には、この日本語訳が貢献し、他の言語での新訳が相次ぎました。1930年代には、フランスの編集者フラマリオンとジュネーブのアンリ・ステューダーが、原作のフランス語訳に加えて、連載小説を出版しました。ハイジが成長し、家庭を持ち、母として祖母としての人生を送るまでの物語は、最初の2巻のフランス語翻訳者であるチャールズ・トリッテンによって書かれました。

『ハイジ』が日本で人気を博したのは、この小説に一貫して見られる伝統と近代の衝突や、自然を健康や幸福の源、崇高なものとして表現していることと関係があるかもしれません。高畑勲氏が1974年に制作したアニメ『アルプスの少女ハイジ』は、日本人のハイジへの憧れを最高潮に高めただけでなく、ヨーロッパの子供たちにもハイジのヒロインとして受け入れられました。高畑監督のアニメは、1976年にスペインで行われた街頭デモにつながり、子供向けの午後の時間帯だけでなく、プライムタイムのテレビでもシリーズを放映するよう要求されたとウィスマー氏は述べています。

2018年4月に亡くなった高畑氏は、シュピリの小説の原作設定を訪ねるためにスイスを訪れ、アルプスの風景からインスピレーションを得ていました。

「高畑監督は、日本人らしい完璧な感覚で、細部にまで気を配った印象的な繊細な作品を作り上げました」とウィスマー氏は語る。現在、観光客は山梨県の日本のハイジの村を訪れることができます。

控えめに目立つこと

スイスで最も多く読まれ、翻訳されている作家であるシュピリですが、彼女についてはほとんど知られていません。彼女は、自分のことを詳しく公表することに抵抗があったと言われています。それは、上流社会の女性が自分の人生を人目にさらすことが嫌われていたからかもしれません。しかし、スピリは44歳で執筆活動を始めたにもかかわらず、32冊の児童書を含む約50の文学作品を出版しました。

シュピリは、高名な神秘主義詩人メタ・ホイザーの娘でした。『ハイジ』を書いた頃の彼女は、チューリッヒで夫とともにコンラッド・フェルディナンド・マイヤーやリヒャルト・ワーグナーなどの有名な客を迎えて、ブルジョワ的な生活を送っていました。ヨハンナは『ハイジ』の舞台となっている地域の出身ではありませい。彼女はチューリッヒからほど近い丘の上の村ヒルツェルで育ち、弁護士のヨハン・ベルンハルト・スピリとの結婚を機にチューリッヒに移ってきました。しかし、ハイジがフランクフルトの生活に馴染めなかったように、ヨハンナもチューリッヒでは配偶者や主婦としての役割に不満を持ち、チューリッヒの社会に居心地の悪さを感じていました。

病気で落ち込んでいたヨハンナが、より楽しい生活を取り戻すきっかけとなったのは、ウィスマーによると、ユーモアにあふれ、音楽の才能がある息子だったといいます。その頃、彼女は最初の小説を書き始めていました。ヨハンナが『ハイジ』の物語を思いついたのは、おそらくバート・ラガツ周辺の保養地に滞在していたときでしょう。彼女の手紙によると、『ハイジ』は1879年の夏に、マインフェルトの隣の村、ジェニンズで書いたものと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA