基本情報

Education in Switzerland is very diverse because the constitution of Switzerland delegates the authority for the school system to the cantons. There are both public and private schools, including many private international schools. The minimum age for primary school is about six years in all cantons, but most cantons provide a free “children’s school” starting at four or five years old. Primary school continues until grade four, five or six, depending on the school. Traditionally, the first foreign language in school was always one of the other national languages, although in 2000 English was introduced first in a few cantons. At the end of primary school (or at the beginning of secondary school), pupils are separated according to their capacities in several (often three) sections. The fastest learners are taught advanced classes to be prepared for further studies and the matura,  while students who assimilate a little more slowly receive an education more adapted to their needs.

スイスの憲法は学校制度の権限を州に委任しているため、スイスの教育は非常に多様です。 多くの私立インターナショナルスクールを含む公立学校と私立学校の両方があります。 小学校の最低年齢はすべてのカントンで約6歳ですが、ほとんどのカントンでは4〜5歳から無料の「児童学校」が提供されています。 小学校は、学校に応じて、4年生、5年生、または6年生まで続きます。 伝統的に、学校で最初の外国語は常に他の国語の1つでしたが、2000年に英語がいくつかの州で最初に導入されました。 小学校の終わり(または中等学校の初め)に、生徒はいくつかの(多くの場合3つの)セクションで彼らの能力に従って分けられます。 最速の学習者は、さらなる研究と成熟に備えるために高度なクラスを教えられますが、もう少しゆっくりと同化する学生は、彼らのニーズにより適合した教育を受けます。

There are 12 universities in Switzerland, ten of which are maintained at cantonal level and usually offer a range of non-technical subjects. The first university in Switzerland was founded in 1460 in Basel (with a faculty of medicine) and has a tradition of chemical and medical research in Switzerland. It is listed 87th on the 2019 Academic Ranking of World Universities. The largest university in Switzerland is the University of Zurich with nearly 25,000 students. The Swiss Federal Institute of Technology Zurich (ETHZ) and the University of Zurich are listed 20th and 54th respectively, on the 2015 Academic Ranking of World Universities.

スイスには12の大学があり、そのうち10は州レベルで維持されており、通常、さまざまな非技術的な科目を提供しています。 スイスで最初の大学は、1460年にバーゼル(医学部)に設立され、スイスで化学および医学研究の伝統があります。 2019年世界大学学術ランキングで87位にランクインしています。 スイス最大の大学はチューリッヒ大学で、25,000人近くの学生がいます。 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ)とチューリッヒ大学は、2015年の世界大学学術ランキングでそれぞれ20位と54位にランクされています。

The two institutes sponsored by the federal government are the Swiss Federal Institute of Technology Zurich (ETHZ) in Zürich, founded 1855 and the École Polytechnique Fédérale de Lausanne (EPFL) in Lausanne, founded 1969 as such, which was formerly an institute associated with the University of Lausanne.

連邦政府が後援する2つの研究所は、1855年に設立されたチューリッヒのスイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ)と、1969年に設立されたローザンヌのエコールポリテクニックフェデラルデローザンヌ(EPFL)です。 ローザンヌ大学。

Eight of ten best hotel schools in the world are located in Switzerland. In addition, there are various Universities of Applied Sciences. In business and management studies, the University of St. Gallen, (HSG) is ranked 329th in the world according to QS World University Rankings and the International Institute for Management Development (IMD), was ranked first in open programmes worldwide by the Financial Times. Switzerland has the second highest rate (almost 18% in 2003) of foreign students in tertiary education, after Australia (slightly over 18%).

世界で最高のホテル学校10校のうち8校がスイスにあります。 さらに、さまざまな応用科学大学があります。 ビジネスと経営の研究では、ザンクトガレン大学(HSG)はQS世界大学ランキングで世界で329位にランクされ、国際経営開発研究所(IMD)はフィナンシャルタイムズによって世界のオープンプログラムで1位にランクされました。 。 スイスは、オーストラリア(18%強)に次いで、高等教育における留学生の割合が2番目に高い(2003年にはほぼ18%)。

As might benefit a country that plays home to innumerable international organisations, the Graduate Institute of International and Development Studies, located in Geneva, is not only continental Europe’s oldest graduate school of international and development studies, but also widely believed to be one of its most prestigious.

数え切れないほどの国際機関の本拠地である国に利益をもたらすかもしれないように、ジュネーブにある国際開発研究大学院は、ヨーロッパ大陸で最も古い国際開発研究大学院であるだけでなく、その最も 一流。